車を売る 必要な書類一式

一括査定サイトを使うだけで車が高く売れる!

車の一括査定サイトを使うメリットは、主に2つあります。1つ目は、1回の入力で自分の住所に対応した複数の車買取店にまとめて無料出張査定を依頼できること。2つ目は、一括査定サイトから申し込めば、どこのお店も買取価格を比較されることを知っているので純粋な価格の競争が生まれます。1店舗づつ回るより査定額が上がりやすくなります。

 

車を売る時に必要な書類一式

車を売る時に必要な書類一式

 

 

 

車を売る時に
何が必要ですか?

 

 

ここでは、車を売る時に必要なものを説明します。

 

 

 

まず、査定するだけなら特に何も要りません
買取業者によっては、免許証の提示を求めてくるところもあります。

 

 

査定の段階では、特に何も必要ありませんが
実際に売るとなると様々な書類が必要になってきます。

 

 

実際、盗難車を売ろうとする人がいるので
「車の所有者」と「商談する人」が同じかチェックするのです。

 

 

売る時に必要になるのは、
下記に書いている書類一式です。

 

 

まず普通車の場合です。

 

 

■一般的にダッシュボードの中の車検証ケースの中に保管している物

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

 

■別途用意するもの

 

  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 免許証

 

■車買取店が用意して記入する書類

 

  • 委任状
  • 譲渡証明書

 

■住所が変わったのに車検証の住所変更をしていない場合

 

  • 住民票

 

 

 

ここから、それぞれを詳しく説明していきます。

 

 

 

自動車検査証(車検証)

 

車検証は、常時車内に
携帯しておくことが義務づけられています。

 

 

万が一、紛失した時は
運輸支局(軽自動車検査協会)で
再発行の手続きをしましょう。

 

 

車の買取店でやってくれるところもあるので
電話で聞いてみましょう。

 

 

自動車税納税証明書

 

毎年4月1日時点の所有者が納める
自動車税の「納税通知書」と一緒に送られてくる書類です。

 

 

自動車税納税証明書は、
車検を受ける際に必要なのでないと売れません。

 

 

紛失したら各都道府県の
税事務所(軽自動車は市区町村役場)で
再発行してもらいましょう。

 

 

自賠責保険証

 

車検の時に次の車検までの期間の加入手続きを行う
強制保険の加入証明書です。

 

 

自賠責保険証をなくしたり、期限が切れていたら
車を売ることができません。

 

 

紛失したら、加入した保険会社
または車検を受けた所で再発行してもらいましょう。

 

 

リサイクル券

 

自動車リサイクル券(預託証明書)は、
自動車リサイクル法によって定められた
リサイクル料がきちんと納められているかどうか
確認するための証明書です。

 

 

車の購入時に自動的に払わされ
自動車リサイクル券を受け取ります。

 

 

紛失した時は
自動車リサイクルシステムホームページで
自動車リサイクル料金の預託状況を印刷すると
リサイクル券の代わりとして使えます。

 

 

 

ここまでの書類は、ほとんどの方が車のダッシュボードの中の
車検証ケースの中に保管しているケースが多いです。
よってあと用意するものは下記に書いている
「実印」と「印鑑証明」と「免許証」になります。

 

 

 

実印

 

実印は、市区町村への登録されているものが必要です。
委任状や譲渡証明書に捺印する時は、実印が必要です。

 

 

印鑑証明書

 

印鑑証明書とは、印鑑登録をして
登録印鑑が市区町村に登録されているものであることを
証明するためのものです。

 

 

印鑑登録の時に取得した
「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」 を持って
市町村の窓口で申請すればもらえます。
手数料は、数百円です。

 

 

車を売る時は、3カ月以内に発行された
印鑑証明書が必要となります。

 

 

免許証

身分証明をするために必要になります。

 

 

 

下記の「委任状」と「譲渡証明書」は、
売却先のお店が用意する書類です。

 

 

 

委任状

 

車買取店が買い取った車の
名義変更の手続をする時に必要になります。
委任状は、車買取店で用意してもらいます。
なお委任状には実印を押します。

 

 

譲渡証明書

 

車を譲渡することを証明するための書類です。
こちらも名義変更の時に管轄下の陸運局に提出します。
譲渡証明書は、車買取店で用意してもらいます。
なお譲渡証明書には実印を押します。

 

 

 

 

下記の住民票は、車検証に記載された住所と
印鑑証明書の住所が違う場合に必要となります。

 

 

住民票

 

印鑑証明書と車検証の住所が違う場合には、
住民票の写しが必要です。前の住所を証明するためです。

 

 

同姓同名の人間に車を売ったり、名義変更されるのを防ぐ為に
車を買った時の住所から現在の住所までの関連付けが必要になります。

 

 

何回も引越している場合は、
戸籍謄本の附表が必要になります。
附表には、過去の住所が全て記載されています。
引っ越ししたら、きちんと車検証も住所変更しておきましょう。

 

 

また、結婚などで姓が変わった場合は、
戸籍謄本が必要になるので
本籍地の役所にもらいにいきましょう。

 

 

 

 

 

次に軽自動車の場合です。

 

 

■一般的にダッシュボードの中の車検証ケースの中に保管している物

 

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券

 

■別途用意するもの

 

  • 認印
  • 免許証

 

■車買取店が用意して記入する書類

 

  • 自動車検査証記入申請書

 

■住所が変わったのに車検証の住所変更をしていない場合

 

  • 住民票

 

 

普通車と違うのは、

 

 

  • 「実印」が「認印」に変わったことと、
  • 「印鑑証明書」がいらなくなったこと
  • 業者側が用意する書類が変わったこと

 

 

これだけなので
普段ダッシュボードの中に入れている物以外では、

 

 

  • 認印
  • 免許証

 

 

だけ用意すれば車を売ることができます。


車を高く売る一番簡単な方法

 

その答えは、車の一括査定サイトを利用することです。
入力作業も1分程で終わりますし、一括査定サイトを使うだけで数万円〜数十万円も買取価格が変わってきます。

 

車の買取価格がこれだけ変わる理由は、車買取店同士で競争するからです。車を1社だけに売りに行くとほとんどの場合、相場より低い査定額を提示してきます。競争相手がいないので会社の利益を大きくするためにお客さんから少しでも安く車を買い取ろうとしてきます。

 

しかし、車の一括査定サイトから申し込んだ時点で全ての車買取店に


私は、何社も比較して査定額が一番高いところに売ります!


という意思が自動的に伝わります!
車買取店も一括査定サイトから申し込まれると下手に安い査定額を提示すると他社にお客さんを取られることをわかっています。そのため査定額だけの勝負になるので自動的に査定額が上がります。

 

そこでいくつもある車一括査定サイト中から
申込者数が多い人気のサイトを2つ紹介します。

 


1つ目は、「かんたん車査定ガイド」。

 

こちらの特徴は、申込時の入力項目が少なく申し込みが1分できます。そして申し込むと過去の実際の買取価格のデータから算出された概算買取価格が見えるのでおよそ何円で売れるかイメージしやすくなります。

 

2つ目は、「ズバット車買取比較」。

 

こちらは、登録している車買取店が150社以上と他の一括査定サイトに比べて圧倒的に多い老舗のサイトです。車買取店が少ない地域に住んでいる人にオススメできるサイトです。

 

また時間に余裕があり、少しでも多くの会社に査定してもらいたい方は、両方使ってみましょう。