オークション代行を使って車を売る時の注意点

一括査定サイトを使うだけで車が高く売れる!

車の一括査定サイトを使うメリットは、主に2つあります。1つ目は、1回の入力で自分の住所に対応した複数の車買取店にまとめて無料出張査定を依頼できること。2つ目は、一括査定サイトから申し込めば、どこのお店も買取価格を比較されることを知っているので純粋な価格の競争が生まれます。1店舗づつ回るより査定額が上がりやすくなります。

 

オークション代行を使って車を売る時の注意点

 

 

車を売る方法として
オークション代行の業者を使って
車を売る方法があります。

 

 

オークション代行というのは、
業者間で行われているJUやUSSといったオートオークションに
代行して出品シてくれるサービスです。

 

 

オートオークションに参加するためには、
様々な条件があります。

 

 

例えば

  • 古物商を取得して1年以上経過していること。
  • 中古車販売業をしていて、店舗実績が1〜2年以上ある場合。
  • 入会金と保証金で約20万円支払う。
  • 現会員の推薦状が必要。

 

 

このような条件を満たさないと
オートオークションに参加できないので
一般の人が出品したくてもできません。

 

 

そこでオートオークション代行業者に
頼むことになります。

 

 

代行手数料は、業者によって違いますが
大体5万円とか落札金額の5%といったところです。

 

 

一般的な車買取業者に車を売った場合も
買い取った車のほとんどが
オートオークションに出品されるので
中間マージンがない分高く売れます。

 

 

しかし、オートオークションにもリスクがあります。

 

 

まず、車や料金を先に渡すことになるので
悪徳業者に当たると
それらを持ち逃げされることもあります。

 

 

これは、車買取店でも同じことが言えますが
オークションの場合、お金渡してから、

 

 

出品→落札→落札者からのお金の受け取り→支払い

 

 

となるので車とお金を渡してから
車の代金を受け取るまで時間がかかります。

 

 

また、車買取店の方が大手の会社が多いので
悪徳業者かどうか判断しやすいです。、

 

 

次に売れない可能性もあることを知っておきましょう。

 

 

実際に車買取店も
お客さんから買い取った車を
オートオークションに出品しますが
それでをすることもあります。

 

 

しかし、かなりの台数を出品するので
大きな利益を出すことも損をすることもありますが
トータルでみるとそれなりの利益を出すことができるのです。

 

 

しかし、個人で1回出品して
必ずそれがうまくいくとは、限りません。

 

 

売れなくても手数料は、支払うことになりますので
損をすることもあります。

 

 

結局、オークション代行は、
リスクの分、高く売れるかもしれない
というものだと思っておきましょう。

車を高く売る一番簡単な方法

 

その答えは、車の一括査定サイトを利用することです。
入力作業も1分程で終わりますし、一括査定サイトを使うだけで数万円〜数十万円も買取価格が変わってきます。

 

車の買取価格がこれだけ変わる理由は、車買取店同士で競争するからです。車を1社だけに売りに行くとほとんどの場合、相場より低い査定額を提示してきます。競争相手がいないので会社の利益を大きくするためにお客さんから少しでも安く車を買い取ろうとしてきます。

 

しかし、車の一括査定サイトから申し込んだ時点で全ての車買取店に


私は、何社も比較して査定額が一番高いところに売ります!


という意思が自動的に伝わります!
車買取店も一括査定サイトから申し込まれると下手に安い査定額を提示すると他社にお客さんを取られることをわかっています。そのため査定額だけの勝負になるので自動的に査定額が上がります。

 

そこでいくつもある車一括査定サイト中から
申込者数が多い人気のサイトを2つ紹介します。

 


1つ目は、「かんたん車査定ガイド」。

 

こちらの特徴は、申込時の入力項目が少なく申し込みが1分できます。そして申し込むと過去の実際の買取価格のデータから算出された概算買取価格が見えるのでおよそ何円で売れるかイメージしやすくなります。

 

2つ目は、「ズバット車買取比較」。

 

こちらは、登録している車買取店が150社以上と他の一括査定サイトに比べて圧倒的に多い老舗のサイトです。車買取店が少ない地域に住んでいる人にオススメできるサイトです。

 

また時間に余裕があり、少しでも多くの会社に査定してもらいたい方は、両方使ってみましょう。