車売却と自動車税

一括査定サイトを使うだけで車が高く売れる!

車の一括査定サイトを使うメリットは、主に2つあります。1つ目は、1回の入力で自分の住所に対応した複数の車買取店にまとめて無料出張査定を依頼できること。2つ目は、一括査定サイトから申し込めば、どこのお店も買取価格を比較されることを知っているので純粋な価格の競争が生まれます。1店舗づつ回るより査定額が上がりやすくなります。

 

車買取と自動車税

車売却と自動車税

 

 

いつまでに車を売ったら
自動車税を支払わなくていいの?

 

 

答えは、3月中に車を売れば
その年の自動車税を支払わなくもいいです。

 

 

「3月中に車を売っても名義変更がされていないと
自動車税を支払わないとだめでしょ?」

 

 

と思うかもしれませんが
「自動車税納税通知」が届いたら
それを車買取業者に渡せば業者が支払ってくれます。

 

 

名義変更は、以外に時間がかかってしまうもので
完了するまでに1ヶ月から3ヶ月くらいかかります。

 

 

なんでこんなに時間がかかるかというと
業者は、買い取った車を中古車オークションなどに出品して
落札されてから、名義変更をするからです。

 

 

すぐ買取業者の名義に変更してくれればいいのですが
実際は、経費と手間がかかるので
ほとんどの業者がこのようなやり方でやっています。

 

 

よって行き違いで車の売り手に
自動車税納税通知が届いてしまいます。

 

 

でも自動車税は、支払わなくていいので
業者に渡して払ってもらいましょう。

 

 

普通の買取業者なら

 

 

「納税通知書が届くかもしれませんが
届いても支払いをせず、お店に納税通知書をお持ちください。
こちらで支払います。」

 

 

と売却時に伝えてくれます。

 

 

 

 

ここからは、車買取と自動車税について
細かく説明していきます。

 

 

 

車買取と自動車税について

 

 

自動車税は、毎年4月1日時点の
運輸支局に登録されている車の
所有者に対して課税される都道府県税のことをいいます。

 

 

自動車税納税書は、だいたい4月末くらいに届いて
5月末までに払わないといけません。

 

 

その自動車税納税書と一緒に送られて来るのが
自動車税納税証明書です。

 

 

自動車税納税証明書は、
自動車税がきちんと支払われているか
確認するための証明書です。

 

 

車を売る時に、必ず
自動車税納税証明書が必要になります。

 

 

売った後、買取店から新しいオーナーに
名義変更する時に必要だからです

 

 

よって自動税を滞納している状態で
車を売ることができません。

 

 

つまり4月になると自動車税を支払ってからでないと
車を売却できないのです。

 

 

自動車税が支払われていないと
名義変更できないのが
車を売ることができない理由です。

 

 

自動車税を納めることは、
車を所有している人の義務です。

 

 

早めに支払いを済ませて、
その後で査定を依頼しましょう。

 

 

自動車税納税証明書を紛失した場合

 

 

自動車税は、支払ったんだけど

 

自動車税納税証明書を紛失しました。

 

早く車を売却したいのだけどどうすればいいですか?

 

 

自動車税を納めていても、
それを証明する自動車税納税証明書がなければ
車を売ることができません。

 

 

よって再発行することになります。

 

 

自動車税納税証明書の再発行は
陸運局の近くある自動車税管理事務所
または各都道府県の税事務所で行います。

 

 

必要なものは、

 

 

  • 車検証
  • 印鑑

 

 

の2つです。

 

 

また他県に引っ越した場合、
税を納めた旧住所の方の
陸運局の近くある自動車税管理事務所
または各都道府県の税事務所に申請しなければいけません。

 

 

その場合は、郵便での再発行申請することができます
税務署のサイトで申請書をダウンロードして必要事項を記入し
車検証のコピーと、切手を貼った返信用の封筒を同封し
税事務所に送ればOKです。

 

 

 

車を売った次の年に納税通知書が送られてきた

 

 

車を売却したのに、

 

納税通知書が送られてきました。

 

どうすればいいですか?

 

 

まず自動車税は、
毎年4月1日時点での車の所有者が
その年の1年分の自動車税を納めることになります。

 

 

よってもし今年の4月に車を売却した場合は、
4月1日の時点の所有者があなたになるので、
あなたがその年の自動車税を支払わなければなりません。

 

 

もう少し具体的に言うと
4月20日に車を売却したとします。
納税通知書が4月30日に届いたとします。

 

 

「すでに車を売ったから自動車税は、私が払うのは、おかしい!!」

 

 

と思うかもしれませんが4月1日にあなたが車の所有者なら
その年の自動車税は、あなたが払わないといけません。

 

 

しかし、次の年に納税通知書が送られてきたらあきらかにおかしいです!
これは、名義変更がされていないケースが多いです。

 

 

その場合、車を売ったお店に連絡して

 

 

「車を売ったのに納税通知書がおくられてきた」

 

 

と報告しましょう。
おそらく何らかのミスで
名義変更がされていない可能性があります。

 

 

また3月中に車を売ったのに
その年の自動車税の納税通知書が送られてきたら
それは、行き違いです。

 

 

納税通知書を車買取店に持って行って
車買取店に自動車税を支払ってもらいましょう。


車を高く売る一番簡単な方法

 

その答えは、車の一括査定サイトを利用することです。
入力作業も1分程で終わりますし、一括査定サイトを使うだけで数万円〜数十万円も買取価格が変わってきます。

 

車の買取価格がこれだけ変わる理由は、車買取店同士で競争するからです。車を1社だけに売りに行くとほとんどの場合、相場より低い査定額を提示してきます。競争相手がいないので会社の利益を大きくするためにお客さんから少しでも安く車を買い取ろうとしてきます。

 

しかし、車の一括査定サイトから申し込んだ時点で全ての車買取店に


私は、何社も比較して査定額が一番高いところに売ります!


という意思が自動的に伝わります!
車買取店も一括査定サイトから申し込まれると下手に安い査定額を提示すると他社にお客さんを取られることをわかっています。そのため査定額だけの勝負になるので自動的に査定額が上がります。

 

そこでいくつもある車一括査定サイト中から
申込者数が多い人気のサイトを2つ紹介します。

 


1つ目は、「かんたん車査定ガイド」。

 

こちらの特徴は、申込時の入力項目が少なく申し込みが1分できます。そして申し込むと過去の実際の買取価格のデータから算出された概算買取価格が見えるのでおよそ何円で売れるかイメージしやすくなります。

 

2つ目は、「ズバット車買取比較」。

 

こちらは、登録している車買取店が150社以上と他の一括査定サイトに比べて圧倒的に多い老舗のサイトです。車買取店が少ない地域に住んでいる人にオススメできるサイトです。

 

また時間に余裕があり、少しでも多くの会社に査定してもらいたい方は、両方使ってみましょう。