他人名義の車を売る

一括査定サイトを使うだけで車が高く売れる!

車の一括査定サイトを使うメリットは、主に2つあります。1つ目は、1回の入力で自分の住所に対応した複数の車買取店にまとめて無料出張査定を依頼できること。2つ目は、一括査定サイトから申し込めば、どこのお店も買取価格を比較されることを知っているので純粋な価格の競争が生まれます。1店舗づつ回るより査定額が上がりやすくなります。

 

他人名義の車を売る

他人名義の車を売る

 

 

他人名義の車を売る場合でも
いろんなケースがあります。

 

 

ここでは、

 

 

  • 父親の名義の車を家族が代行して売る場合
  • 車の所有者が海外にいる場合
  • 車の所有者が亡くなった場合

 

 

こちらの3つのケースで車を売却する方法を解説します。

 

 

 

ケース1 父親の名義の車を家族が代行して売る場合

 

 

 

父の名義の車を私が売る場合、

 

なにか必要なものは、ありますか?

 

 

 

車の名義人と違う方が売却する場合、
「代理人契約」という契約で車を売ることができます。

 

 

その時に一般的な車の売却時に必要な書類以外に
所有者(または使用者)の印鑑証明と実印が必要になります。

 

 

また、大手車買取店では、
委任状」も必要になることがあります。

 

 

委任状は、車検証の所有者(または使用者)が
代理人に車の売却契約をすべて委任したと
確認するための書類です。

 

 

買取業者としては、後でトラブルならないように
このような委任状があるのです。

 

 

その他に必要な
車を売る時に必要な書類一式は、こちらにまとめています。

 

 

 

ケース2 車の所有者が海外にいる場合

 

 

兄の車を売ってくれと頼まれました。

 

しかし、兄は、アメリカに住んでいます。

 

私が代理で売ることは、可能ですか?

 

 

 

一般的に代理で車を売却するには、
所有者(または使用者)の

 

 

  • 実印
  • 印鑑証明書

 

 

が必要です。

 

 

 

「印鑑証明書」は、
住んでいる住所の管轄の役所に登録すると
発行してもらえます。

 

 

しかし、海外に住んでいる場合は、
これができないのでその代わりに

 

 

  • 署名or拇印
  • 署名(拇印)証明

 

 

をが必要になります。

 

 

 

この証明書は海外にいる車の所有者が
その国の日本国大使館や日本国総領事館に

 

 

  • パスポート
  • 申請書
  • 署名する(拇印を押す)書類

 

 

を持っていき
担当官の前で署名(拇印)して作成します。

 

 

 

その他に必要な書類として、

 

 

  • 委任状
  • 譲渡証明書

 

 

があります。
これらはネット上でダウンロードして
プリントアウトして記入します。

 

 

証明書の発行には手数料がかかります。
詳しくは、その国の日本大使館のサイトを確認してください

 

 

一つ例として
中国の日本大使館では、
このように記載されています。

 

 

署名(及びぼ印)証明
署名及びぼ印が本人のものに間違いないことの証明

必要書類 (1)パスポート
(2)署名が必要な文書(注1)
申請条件

本人による申請。
領事部において担当官の面前で
本人自らが署名及びぼ印を行う

手数料

130元

交付日数 当日交付
参考


(注1)署名証明には、日本の提出先から指定された用紙に
「署名及びぼ印」をしたものを証明する形式(形式1)と 、
「署名及びぼ印」だけを領事部備え付けの用紙に行う
単独の証明形式(形式2)がある。

 

前者については、日本から送られた用紙には
何も記入しないで領事部に持ち込み、
領事部員の面前で「署名及びぼ印」を行う必要がある。

※ぼ印は右手親指
※ぼ印のみの証明は不可
※署名証明の使用目的は、基本的に、
本邦市区町村役場が発行する
印鑑証明の代わりとして使われるもので、
日本国内での不動産登記や銀行ローン、
または自動車名義変更等に関する手続きの際に使われる。

 

 

 

 

 

 

ケース3 車の所有者が亡くなった場合

 

 

先月、父が亡くなり、

 

父の乗っていた車を処分しようと思っています。

 

車の名義が亡くなった人の場合、

 

車買取専門の業者に売ることは、できますか?

 

 

車の所有者が亡くなった場合、
その車は、財産として相続の対象になります。

 

 

亡くなった方の車を譲渡したり、廃車をするときは
一旦、遺産相続手続きをすることが義務付けられています。

 

 

さらに相続した車は、15日以内に
名義変更の手続きをすることも義務付けられています。

 

 

よって車の所有者が亡くなって、
車を売却するケースでは、
まず相続手続きを行なって、
名義変更をしてからでないと売ることができません。

 

 

ただし、相続の名義変更の手続きは、
相続する状況によって必要な書類が変わってきます。

 

 

相続人が一人だけの時」に必要な書類
  • 戸籍謄本(相続人だと確認できるもの)
  • 除籍謄本(車の所有者が亡くなったことを確認できるもの)
  • 相続人の印鑑証明
  • 車庫証明書(亡くなった方の住所と同じであれば必要ない)
  • 車を売る時に必要な書類一式

 

 

 

複数の相続人がいて、その内の1人が相続する時」に必要な書類
  • 戸籍謄本(相続人全員が確認できるもの)
  • 除籍謄本(車の所有者が亡くなったことを確認できるもの)
  • 相続人全員の印鑑証明
  • 車庫証明書(亡くなった方の住所と同じであれば必要ない)
  • 遺産分割協議書
  • 車を売る時に必要な書類一式

 

 

 

複数の相続人がいて、共同名義で相続する時」に必要な書類
  • 戸籍謄本(相続人全員が確認できるもの)
  • 除籍謄本(車の所有者が亡くなったことを確認できるもの)
  • 相続人全員の印鑑証明
  • 車庫証明書(亡くなった方の住所と同じであれば必要ない)
  • 車を売る時に必要な書類一式

 

 

まずは、車買取業者に依頼してみましょう。
査定額もわかりますし、
手続きの一部もやってくれることがあります。
1人で悩んでいても前に進まないので
相談するのが一番早いです。


車を高く売る一番簡単な方法

 

その答えは、車の一括査定サイトを利用することです。
入力作業も1分程で終わりますし、一括査定サイトを使うだけで数万円〜数十万円も買取価格が変わってきます。

 

車の買取価格がこれだけ変わる理由は、車買取店同士で競争するからです。車を1社だけに売りに行くとほとんどの場合、相場より低い査定額を提示してきます。競争相手がいないので会社の利益を大きくするためにお客さんから少しでも安く車を買い取ろうとしてきます。

 

しかし、車の一括査定サイトから申し込んだ時点で全ての車買取店に


私は、何社も比較して査定額が一番高いところに売ります!


という意思が自動的に伝わります!
車買取店も一括査定サイトから申し込まれると下手に安い査定額を提示すると他社にお客さんを取られることをわかっています。そのため査定額だけの勝負になるので自動的に査定額が上がります。

 

そこでいくつもある車一括査定サイト中から
申込者数が多い人気のサイトを2つ紹介します。

 


1つ目は、「かんたん車査定ガイド」。

 

こちらの特徴は、申込時の入力項目が少なく申し込みが1分できます。そして申し込むと過去の実際の買取価格のデータから算出された概算買取価格が見えるのでおよそ何円で売れるかイメージしやすくなります。

 

2つ目は、「ズバット車買取比較」。

 

こちらは、登録している車買取店が150社以上と他の一括査定サイトに比べて圧倒的に多い老舗のサイトです。車買取店が少ない地域に住んでいる人にオススメできるサイトです。

 

また時間に余裕があり、少しでも多くの会社に査定してもらいたい方は、両方使ってみましょう。